~健康的な睡眠習慣~

~健康的な睡眠習慣 ~

睡眠は循環器疾患や糖尿病、肥満防止、神経認知作用とメンタルヘルス、
長寿を促すことからも、健康的な生活を過ごすうえで極めて重要な役割を
果たしています。


十分な睡眠は翌日の運動量にも好ましい影響を与え
トレーニング後の回復、ひいては身体の自然治癒力を維持するうえでも
不可欠な要素であると言われています。
また、フィットネスウェアラブルデバイスのリーディングカンパニーである
フィットビット氏のデータによると、規則正しい就寝時間と毎日の行動時間には
相互関係があることが、特に早い時間帯に就寝するユーザーの間で顕著に示されています。

そして平均7〜9時間の睡眠を維持するユーザーは、3〜4時間しか睡眠を取らない
ユーザーと比較すると肥満度指数(BMI)が低い傾向にある一方、太り過ぎや肥満度の
高いユーザー(BMI25以上)はBMI標準値(BMI18.5〜25)を維持するユーザーと比べると、
週平均で1時間以上(70分)睡眠時間が短いことも判明しています。
最適な睡眠時間の確保、安定した睡眠パターンなどの睡眠スケジュール管理が課題となっています。

快適な睡眠をサポートする入眠マットの詳細は、コチラ