~女性ホルモンとアルコール~

~女性ホルモンとアルコール~

最近は、女性でも楽しくお酒をたしなむ方が多くなりましたね。

ただ、女性は、男性に比べるとアルコール障害を起こしやすく、
男性の3分の2の飲酒量でも肝障害が起きると言われているそうです。

これは、女性ホルモンが影響しており、エストロゲンがアルコールの
代謝酵素を阻害してしまうからだそうです。

さらに閉経後は、エストロゲンが低下して太りやすくなるため、脂肪肝や
非アルコール性肝炎へ進行しやすいという報告も出ているとか・・

男性は、飲める人でも一日2合以内(理想は、1合以内)女性やお酒を
たくさん飲めない人は、その3分の2程度に抑えておく事が肝要だそうです。

次の日に残るような飲み方だけは、避けて下さいませ。