~健康増進とトレッキング~軽登山~

コーポ300410-1

トレッキングは、「trek(移動)」を語源とした山歩きのことで、

山を登ることにこだわらず、歩くことで無理なく長時間の有酸素運動を続けられることから、年代を問わず健康増進につながるといわれています。

また、登山やハイキングは高齢者にも人気で、定年退職後、時間的な余裕に加え、他のスポーツよりも簡単にできるといったイメージがあるのも人気の要因となっているそうです。

1人で始めることもできますが、グループで和気あいあいと楽しみながら歩くのも魅力の1つ。

高齢者の遭難

山岳避難対策中央協議会が発表している平成29年7月のデータによると、夏期(7~8月)における山岳遭難発生状況は、平成24年の発生件数552件(遭難者676人、死亡・行方不明者36人)でしたが、平成28年は発生件数660件(遭難者753人、脂肪行方不明者48人)と増加傾向にあります。

平成28年の年齢別遭難者数では、50~59歳が111人(14.7%)、60~69歳が197人(26.2%)、70~79歳が130人(17.3%)と50~70歳の遭難者数が全体の6割近くを占める。

高齢者が運動をすることはとても良いことですが、自らの体力を若い頃と同じように考え、過信してしまうと、とんでもないトラブルに巻き込まれることもあり得るので注意も必要です。

 
コーポ300410-2

 

トレッキングの注意点

トレッキングは長時間歩くこともあるので、その日の天候や体調ともよく相談しながら、余裕をもった計画を立てたい所です。

水分やエネルギー補給の準備をしっかりしておくことも重要です。

また、山の天気は変わりやすいことから、雨具や気温差対策に1枚羽織れる上着を持参しておくも良いでしょう。
足は第2の心臓と呼ばれるほど、人間の体にとっては重要な働きがあります。

手軽に始められるトレッキングは、足の筋力維持や大自然の中で体を動かすことによるリフレッシュ効果も期待できる運動です。

自分の足で山の中を歩き、日常生活では味わうことの無い自然とふれあい、四季を感じる快感は何とも言えませんが、無理のない計画と準備は怠らずにトレッキングを楽しんで下さいね!