~筋肉老化病の解消に運動を~

コーポ300918_1

年齢を重ねるとともに体の不調を訴える事が多くなります。


この原因には、「筋肉の老化病」が関係しています。

膝や腰、肩などに痛みを感じたり、睡眠や頻尿など・・・

これらは、筋肉衰えに加えて必要な筋肉が固くなり動きが悪く
なる為に起こると言われています。

これらの解消に運動が良いそうです。

「夜中のトイレ」

夜中の頻尿は、血液をカラダ全体に巡らせるポンプの働きの低下からおこります。

血液をカラダ全体に巡らせる心臓のポンプと筋肉を伸縮することによる筋ポンプです。

それらが加齢により衰え、血液循環が弱まり、血液中の老廃物を腎臓で処理されにくくなります。

日中に適度な水分摂取と運動を行うことで、腎臓の処理と排尿は順調に行われるようになるとされています。

「認知症予防にも」

1日約3km程度を歩いている人と歩いていない人で約20人を20年ほど経過について調査した
ところ、「歩いていない人は歩いている人より42%も多く認知症になった」という報告があるそうです。

コーポ300918_2

ウォーキング、ラジオ体操、ダンス、スマートスポーツなど、長続きできるように
頑張りましょう。

運動やスポーツは、体力づくりだけではなく、仲間と行うことで励みにもなります。

その為、生きるはりあいや目標にもなって、元気な人生を実現出来ることに繋がります。